2016年7月30日土曜日

見守りサービスのいろいろ

みなさんこんにちは。

行政書士の葉室亮介です。

 
見守りサービスというと、みなさんはどのようなサービスを思い浮かべられますか?

実は、一口に見守りといっても、提供する会社や団体によりその内容は全く異なります。

 
先日見守りサービスを全国で展開する事業者さんとお話をする機会がありました。

その事業者さんのサービスは、下記のようなものでした。

①毎日電話で体調確認(結果はメールでご家族へ報告)

②緊急通報装置や機器の設置による見守り

③緊急時は警備会社が出動

④自宅のホームセキュリティも完備

⑤施設紹介

 
365日、毎日電話で体調確認をするというのには驚きました。

自動音声によるものではありますが、日々内容を変更する等して工夫を凝らしています。

サービスの質から考えると、価格も非常にリーズナブルで、利用者の評判もとても良いようです。

 
 
高齢者のお一人暮らしが増えています。

子どもがいない方だけでなく、いらっしゃっても近くにいない、海外に住んでいる等何かあっても駆けつけられないという方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 
有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅での生活も考えてはいるが、元気なうちは自宅で暮らしたい、また可能であれば最期まで自宅で暮らしたいという方も多いと思います。

 
ただ、住み慣れた自宅で生活していても、転倒や病気等で今までのような生活ができなくなるかもしれません。

万一の場合にも対応できる準備は考えておく必要はあると思います。

 
 
私たちは、在宅生活者向けのサービスとして「見守りパック」というサービスを開始しました。

先の事業者さんのようなサービスを提供する団体と協同し、もう一歩踏み込んだサービスを提供しています。

私たちの見守りサービスは、下記のようなものです。
 
①緊急駆け付け(24時間365日)

②医療同意

③入院時の保証

④死後事務

⑤定期的な見守り

⑥健康相談

⑦財産管理

⑧住み替え相談

 
子どもと同じような対応ができるように、一人でも孤独死から救うために考えたサービスです。

「見守りパック」にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。