2016年11月2日水曜日

厳冬

こんにちは、行政書士の今澤嘉孝(いまざわ きよたか)です。



今朝、ニュースのお天気コーナーで言ってました。


今年の冬は、西日本を中心に寒さが厳しいと・・・・。


みなさま、早め早めの寒さ対策をした方がよさそうですよ。


早めの対策といえば、以前こんな案件がありました。


被相続人つまり亡くなった方は男性だったんですが、配偶者も子供もおられませんでした。


ご両親も既にお亡くなりで、相続人は3人の兄弟姉妹(被相続人は長男で、
相続人は二男、長女、次女)でした。


遺言書が無かったため、遺産分割協議をおこなうわけですが、
どうも二女様の夫が自分は昔法学部を卒業しているので相続には詳しいんだと、
いろいろ口をだしたがる人で、
以前の親の相続の時もなかなか話が進まなかったとのことでした。


今回もいろいろおっしゃられまして、なかなか話が進みませんでした。


他の兄弟姉妹の方もうんざりという感じでしたが、なんとか手続きは完了しました。




依頼者の二男様もホッとしておられたのですが・・・・




いや、まてよ?





この二男様も配偶者と子供がおりません。




もし、万一のことがあったら・・・・・





また前回と今回同様、皆様が多大な労力を使うことになりかねません。





ですので、この二男様には遺言書の準備をお勧めしました。



が・・・   分かっているけど、またいずれ落着いたら書くね   と


おっしゃられていました。




人間明日のことはわかりません。




もし、自分に万一のことがあったら、揉めることが予想できるのであれば、




早めの対策をしておくのがよろしいのではないでしょうか?





皆様、お風邪などめしませんように・・・・・。