2021年2月3日水曜日

春を待つ

 こんにちは。

一般社団法人ライフエンディング・ステージあさひの小串雅代と申します。

あさひ行政書士法人と同じ事務所に席を置き、

福祉専門職として、お客様サポートを担当しております。

 

さて、季節は立春を迎えました。暦の上では春ですね。

東風(こち)、ふきのとう、いかなごを炊く匂い

春を告げる風物詩は様々ですが、

皆さんが 春だなぁ” と感じるものは何でしょうか。

 

私の 春スイッチ を押してくれるのは 沈丁花

歩いていると どこからともなく 漂ってくる芳香が

思わずその場で佇んでしまうほど、幸せな気分にしてくれます。

 

されども今は 不要不急の外出自粛。

業務も 出来うる限り 在宅ワークを取り入れ、外出は手早く手短に。

お客様宅への訪問も、必要最小限にしています。

 

実際にお会いすると、

あれ、立ち上がりが前より辛そう…と 変化をお見受けする事もしばしば。

言葉だけでは伝わりきれない たくさんの “気づき”、

そして、変わらずそこに居て下さる “安心” をいただけます。

 

外出自粛が解け、

遠慮なく 皆さまの元へ赴ける日が、

散策をのんびり 楽しめる日が、

戻ってくることを願ってやみません。

 

どうぞ皆さま もう少しの時間、

ご自身や 大切な方のために、お体ご自愛の上お過ごしください。

開花を待つ 蕾のように。